動物の本能を持つ自己修復型自律歩行ロボット

動物の本能を持つ自己修復型自律歩行ロボット

動物は脚部に何らかの要因でダメージを負った場合、損傷部をかばいながら歩行することが出来る。

自律歩行ロボットの開発を手掛けるフランス『Inria(インリア)』の研究チームが開発したロボットもそうした動物と同じような行動がとれるという。

1ページ目から読む