カリフォルニア産まれのBMW製ゴージャスバイク「Motorrad Concept 101」

 

高級素材をふんだんに採用

今回両社が公開したコンセプトモデルは後部にサイドバッグを搭載した“バガー・スタイル”で、ハーレーなどと同様に、ハイウエイをクルージングするのに適したモデルとなっている。

エレガントなデザインのボディにはオイルで処理されたダークウッドやアルミ、カーボンファイバーなどの高級素材が使われており、左右のテールパイプ端末にはエキゾースト音を強調する3箇所のアウトレットが備わる。

BMW_MOTORRAD_Concept101

クラッチカバーやタイミングチェーンカバー、ホイールなどの各パーツには両社によるコラボレーションの証として『RSD』のロゴが入れられている。

BMW_MOTORRAD_Concept101

ある意味、BMWらしくないゴージャスなその佇まいは本国のドイツではなく、カリフォルニアの地で生み出されたことに起因しているようだ。

 

【関連記事】

※ コスト減で環境にもよい「ナトリウムイオン電池」の電動自転車はメリットしかない?

※ 2015年は水素元年!? バイクが「燃料電池車」になる日

※ 全世界で49台限定!AKIRAを彷彿とさせる電動バイク「zeCOO」

※ 楽器とバイクが融合するとこうなる!ヤマハの「project AH A MAY」

※ 機能も値段もドを越えた電動アシスト自転車「Trefecta DRT」

【参考・画像】

BMW Motorrad

ROLAND SANDS DESIGN(RSD)

Concorso d’Eleganza Villa d’Este

1ページ目から読む