その数なんと350万通り!英企業が絵文字もパスワードに使える技術を開発

その数なんと350万通り!英企業が絵文字もパスワードに使える技術を開発

モバイルデバイスのロック機能やATMでの取引など、多くの人が様々な場面で使用している“文字のパスワード”。だが、パスワードが解除されてしまうという事件も起こっており、安全性は完璧とは言えないだろう。

しかし、そんな危険を少しでも減らすためにイギリスの企業が“新しいパスワードの入力方式”を開発したようだ。

 

44個の絵文字から350万通りのパスワードを作成

その技術とはパスワードに“絵文字”を使用するというアイディアで、今回はスマートフォンのロック機能向けに開発された。

EMOJI2

選べる絵文字の数は44個で、これまでのスマートフォンに多く採用されている4ケタのパスワードでは最大で1万通りに満たなかったが、この絵文字のパスワードでは約350万通りのパスワードを作ることができる。

なぜイギリスでこのような技術が開発されたかというと、イギリスで1,300人を対象に行われた調査では3分の1の人が自分の持ち物のPIN(識別番号)を忘れており、数字よりも覚えやすいという研究結果が出ている“絵文字”を採用するに至ったという。

 

パスワードの絵文字化は実現するのか

ATMなど多くの人が使用する機器ではスクリーンの消耗が激しくなるので、タイミングによっては絵文字が解りづらくなるということや、画質のよいスクリーンに交換しなくてはいけないというデメリットを考えれば、採用される可能性は低いかもしれない。

しかし、スマートフォンなど個人の所有物であれば触れる機会も比較的少なくなり、画質もクリアしているので、実現する可能性を十分に秘めているだろう。

この技術はすでに実用が可能な状態となっているが、採用する企業はまだ見つかっていないようだ。

持っているデバイスのセキュリティ性能を簡単に上昇させられるという点では素晴らしいアイディアだと言えるので、今後この開発が有効活用されていくことを祈りたい。

 

【関連記事】

※ パスワード管理はオシャレな腕輪に任せてみようよ

※ 銀行口座をどう守る?インターネットバンキングの被害実態

※ HDDも充電もUSBも全部入り!スマホを救うサバイバルツール

※ キーレスキーで「マイ自動ドア」を設置できる日は近い?

※ 暗証番号を間違えたら最後…自壊プログラム付きの「TOSHIBA」 USB

【参考・画像】