価格は意外とお値打ち?ハイスペック電動自転車「Fusion」

まるで原付?

では『Fusion』がどれくらいパワフルかというと、なんと電動走行で時速35マイルが出せるという。つまり時速約56キロだ。

これ、日本であれば原付の法定速度を超えているではないか。というか、大抵の原付は上り坂などへの対応の為に時速60キロ程度を出せるスペックにしてあるが、『Fusion』もそれに近いということか。

この『Fusion』のパワフルさが好感されたのか、Indiegogoでは本稿執筆時点で4日のキャンペーン期間を残しながら127%の資金調達率を達成している。

Indiegogoはデザインも自転車らしくないカバーがボディーを覆っており、まるでオートバイのようだ。ここにバッテリーが隠されているのだが、カバーがないと目立つほどの大きさなのだ。

ただ、このデザインは無骨さを隠すためだけではなく、バッテリーを保護し、自転車の重心も考慮された結果らしい。

隠さねばならない程に目立つバッテリーだが、一回のフル充電時間は約1.5時間で、約70マイル(約112キロメートル)走行できる。

Fusionカバーの中

 

高性能の割には割安感のある価格帯

『Fusion』にはSLA AGMバッテリー搭載タイプとリチウムイオンバッテリー搭載タイプがあり、前者が599ドルで後者は899ドルだから約7万円から11万円で買えるということだ。

この価格帯で、回生ブレーキ、クルーズコントロール、5段階ペダルアシスト、21段階シマノギア、大型LCDディスプレイ、そしてフルサスペンションなども備わっているのだから、お得感はある。

但し海外への発送には別途料金がかかる。

それにしても電動自転車でこのパワフルさは、これがカリフォルニア基準というものだろうか。

 

【関連記事】

※ 時速25km出せる!「チェーンレス」の充電式電気自転車

※ お気に入りの自転車が電動アシストに早変わりするキット「add-e」

※ 自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

※ 次世代サイクルの新提案!足こぎセグウェイ「Halfbike II」

※ トヨタの人が打ち明けるプリウスPHVの「意外な落とし穴」Vol.3

【参考・画像】

※ Fusion- High Performance Electric Bike | Indiegogo

1ページ目から読む