無呼吸症候群の治療を楽にしてくれるマイクロCPAP「Airing」

無呼吸症候群の治療を楽にしてくれるマイクロCPAP「Airing」

睡眠時無呼吸症候群(SAS)という症状がある。寝ているときに、気道が塞がり呼吸が止まってしまう症状だ。

この睡眠時無呼吸症候群は心臓病や高血圧、不整脈、脳血管障害など様々な恐ろしい合併症を招くとされているが、その様な合併症がなくても、睡眠不足による交通事故なども引き起こす危険がある。

この睡眠時無呼吸症候群にはCPAPという治療法がある。しかし大がかりな装置を顔に取り付けねばならないため、1年もすれば半分の人達が挫折してしまうらしい。

つまり、睡眠時無呼吸症候群には悩まされているが、CPAPによる治療はまっぴらだ、という人がかなりいると想像できるのだ。

この想像を裏付けるかのように、クラウドファンディングの『Indiegogo』に登場した『Airing』というマイクロCPAP治療器に圧倒的な期待が寄せられている。なんと資金調達率は756%に達しているのだ。

1ページ目から読む