BMWが「5シリーズGT」の燃料電池車プロトタイプを初披露

BMWが「5シリーズGT」の燃料電池車プロトタイプを初披露

ドイツの高級車メーカーBMWは、自社の先進技術説明会『イノベーションデイズ2015』で、水素で走る燃料電池車(FCV)のプロトタイプを初披露した。

5ドアハッチバックの高級スポーツ『5シリーズGT(グランツーリスモ)』がベースとなるこのプロトタイプには、トヨタと共同開発した燃料電池システムを搭載している。モデル開発自体は、2014年12月にすでに発表されているが、現車を公開するのは今回が初めて。

P90189153_lowRes

ちなみに、なぜトヨタと共同開発したのか? というと、2013年に燃料電池車の協業に関する契約を結んでいるからだ。2社は、燃料電池車の基本システム全般に関して、2020年の実用化へ向けて共同開発をすることに合意している。