思いついたアイディアを記録してくれるウェアラブル「MYLE TAP」が優秀すぎる

思いついたアイディアを記録してくれるウェアラブル「MYLE TAP」が優秀すぎる

ふと、アイディアが閃いたときや、やらなければならないことを思い出したとき、あるいは買わなければならない食材を思い出したときなど、どうしているだろうか。

メモ帳を取り出して書き込む人や付箋に書いてどこかに貼り付ける人、スマートフォンを取り出してTo Do Listやスケジュールソフトを立ち上げて入力する人もいるかもしれない。

しかし、そうこうしているうちに、「あれ? なんだったっけ?」や、「いけない、スマートフォン忘れた」「書く物がないぞ!」といった事態になっているかもしれない。そんなとき、即座に呟いて文字データとしてメモできるウェアラブルがあれば便利だ。そんなウェアラブルの『MYLE TAP』がクラウドファンディングの『Indiegogo』で、資金調達に成功している。

『MYLE TAP』は、多くの人が欲しかったウェアラブルだったようだ。

 

思い付いたらすぐに呟いて記録する

『MYLE TAP』は、31×31mmという小さなウェアラブルボイスレコーダーで、襟元やポケットなどに留めておくことができる。この『MYLE TAP』をタッチして呟けば、話した内容がその場で記録される。

このとき、いちいちスマートフォンを取り出してアプリを起動させるといった手間は不要だ。

音声を録音するだけであれば、ICレコーダーも小型化されて携帯性が高いものが多く出ているが、あとで音声を聞き直して文字起こししなければならないなど、ちょっとした思いつきを記録するには向いていない。

しかし『MYLE TAP』はBluetooth経由でスマートフォン(iOS、Android対応)にデータを転送でき、音声を自動的にテキストデータ化して記録してくれるのだ。

MYLE TAPは解析する

さらに内容を分析して、例えばスケジュールとして登録したり、To Do Listに登録したり、あるいはメッセージとして送信することなどが可能だ。