薬も変わる!? 男女の痛みの感じ方は「経路が違う」可能性が判明

薬も変わる!? 男女の痛みの感じ方は「経路が違う」可能性が判明

ある男性が女性に対して、なぜ君はいつもどこかが痛いのかと問う。一方で女性は男性に対し、あなたに耐えられないような痛みを私はたくさん抱えていると応じる。こんな口論に身に覚えはないだろうか。

ひとたび男女が喧嘩すれば、およそ無関係などんなことにでも飛び火するので、十分に起こりうる言い争いだ。

ところで、先日こうした男女の違い関する興味深い研究が発表された。世界でも権威のある学術雑誌のひとつ『Nature』の姉妹誌で、神経科学の専門誌『Nature Neuroscience』に掲載された論文によると、マウスの雄と雌では痛みは異なる細胞を使って処理されることが初めて分かったという。