DHLが水上スライダーでの荷物配達サービスにむけて準備を始めた

DHLが水上スライダーでの荷物配達サービスにむけて準備を始めた

DHL社は、持続可能な将来の電気輸送についてのアイディアを募った『DHL Blue Sky Transport Design Award』の授賞者の発表を、6月26日にロンドンで行った。1万ユーロ(訳136万円)の賞金を目指して決勝進出したのは6組だった。賞金だけでは無い。優勝すれば、プロトタイプの開発が進められることになる。

そして栄えある優勝を勝ち取ったのは、ロンドンのRoyal College of Art交通デザイン科の学生であるPhilippe Hohlfeld氏とOliver Lehtonen氏のコンビのアイディアだった。彼らのアイディアは『DHL Water Strider』と名付けたもので、6×3メートルの小型電動水中翼船だ。この小型電動水中翼船で大型船が入れない様な港などで、荷物を輸送する仕組みだという。