米国の燃料資源に変化?脱石炭で天然ガスがトップに躍り出た

米国の燃料資源に変化?脱石炭で天然ガスがトップに躍り出た

米SNL Energyによると、2010年に米国で燃料資源として最も多く使用されていた石炭の占める割合が2015年には14%減少、代わって天然ガスの割合が22%から31%へと大きく増加している。

SNL

その結果、2015年の米国における電力や燃料用資源では1位が天然ガス、2位が石炭、3位が原子力、4位が再生可能エネルギーの順となった。

米国で天然ガスの利用が首位となったのは初めてのことで、その価格の推移を見ても昨年1~2月をピークに下降傾向を示していることがわかる。

04

1ページ目から読む