カーボン加工技術の進化を見せる「光る指輪」

カーボン加工技術の進化を見せる「光る指輪」

カーボンといえば、剛性が高く軽量な素材として自動車や自転車など様々な場面で利用されている。このカーボンも以前よりは加工の難易度や価格が落ち着き、様々なプロダクトで使われるようになってきた。John Paul Easleyはそのカーボンの加工技術を研究し、叩いて鍛え(鍛造)つつ、3次元加工も施すことを可能にする方法を編みだしたのである。