日本の電車がジャカルタを駆ける!インドネシアに新幹線導入の可能性

インドネシアの首都ジャカルタを、今日も日本製の電車が走っている。

ジャカルタの都市電鉄『KRLジャボデタベック』は、渋滞問題に悩む同地の貴重な公共交通機関である。ジャカルタはあらゆる面でのインフラ整備が、残念ながら遅れている。電気、上下水道、そして交通と、これから改修しなければならないライフラインは山ほどある。当然ながら都市電鉄もその一つで、最近ではジャカルタ市内から郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港への延線が始まった。

そこで活躍するのが、何と日本の線路で稼働していた中古車両だ。

1ページ目から読む