がん細胞が心臓病回復に効果あり?

がん細胞が心臓病回復に効果あり?

ガン細胞といえば、反射的に悪役の印象を受けるが、これが役に立つかもしれないというのだ。ガン細胞は腫瘍になるまでは、再生を繰り返すものの、直接問題を起こしてはいないらしい。

このガン細胞の性質を利用して、加齢による心臓障害への対処に使えないかどうかの研究が行われている。