地図上で「大気汚染が見えるようになる」未来が近い

地図上で「大気汚染が見えるようになる」未来が近い

大気汚染は目に見えるものでは無いので、自分たちが暮らしている地域のどのあたりが特に汚染されている、などと気にすることはない。

しかし、これからは「○○通り辺りがヤバイ」とか、「○○の交差点付近が酷くなった」といったことを地図上で見られるようになるかもしれない。

7月28日に、環境センサーの開発をするAclima社が、Google Earth Outreachと提携したことを発表した。

この提携で、都市部の大気汚染の状態を可視化しようというのだ。

そのために、Googleのストリートビュー用の撮影をしている車に大気汚染を計測するセンサーを取り付けて、撮影と同時に大気汚染の状況を計測しながら街中を走らせようということになった。