失敗作や使い終わった作品は「堆肥になる」3Dプリンターのフィラメント

Sprout in hands

3Dプリンターが様々な材質で出力するようになり話題になっている。樹脂だけでなく、金属や繊維、セメントや食材まで出力の対象になってきている。

しかし、出力してから失敗だったと分かった作品や、すぐに不要になった作品はどうなっているのだろうか?

そこに目を付けた3Dプリンター用フィラメントが開発され、クラウドファンディングの『Kickstarter』で資金調達のプロジェクトが開始された。

そのフィラメント『WillowFlex』は、なんと、腐るというのだ。

土に還るフィラメント

Resilient 3D Printer Filament by BioInspiration