写真に入り込んだ「招かれざる障害物」を消せる魔法のツール、著作物対策にも活躍?

写真に入り込んだ「招かれざる障害物」を消せる魔法のツール、著作物対策にも活躍?

近年、スマートフォンのカメラ技術は飛躍的に向上しており、単体のカメラでしか使えない技術なども続々とスマートフォンに実装されている。だが、撮影のチャンスはとっさに訪れることが多く、“招かれざる障害物”が写真に入り込んでしまうことも少なくない。

例えば、動物園で珍しい動物を撮影したら柵が写りこんでいたり、とっさにパソコンやテレビを撮影したら部屋や自分の顔が写ってしまったりといった、“撮影時あるある”に悩んだ人も多いことだろう。

しかし、マサチューセッツ工科大学(MIT)とGoogleが共同開発した画像加工技術が、“撮影時あるある”の悩みを解消してくれると話題になっているようだ。