「粋なデザイン、高強度、電波障害にも強い」デキるオトコのiPhoneケースはこれで決まり!?

「粋なデザイン、高強度、電波障害にも強い」デキるオトコのiPhoneケースはこれで決まり!?

source:AS Inc / Shutterstock

 

スマートフォン用ケースを使う理由のひとつが、スマホを落としたときなどに『衝撃からボディを保護する』ことだ。
そういった、ボディのプロテクトを重視したケースの中には、軽量で強度が高いアルミ製やカーボン製など、素材にこだわったものも多い。
が、一方で、これらの素材を使ったケースは、スマホの背面を覆うタイプだと電波を遮ってしまう可能性もある。中には、その対策で背面を覆わないタイプもあるが、それだとプロテクト用としてはちょっと不安……。

そこで登場したのが、UNiCASEブランドからリリースされる『ケブラー』や『グラスファイバー』を使用したiPhone用ケース。これらは、どちらも強度が高いヘビーデューティな素材を使いながらも軽量で、しかも電波障害の心配も無用という完全無欠のプロテクト用カバーなのだ。

UNiCASE オリジナルブランドラインから強化繊維「ケブラー®」と「グラスファイバー」を使用したiPhoneケース発売

source:Copyright (C) 2015 UNiCASE All Rights Reserved.

 

「ケブラー」は防弾チョッキにも使用

iPhone6及びiPhone6 Plus用にリリースされた新ケース。まず、ブラックの方が、『ケブラー』版だ。
『ケブラー』は、アメリカのデュポン社が開発した強化繊維。軽さはもちろん、強度もかなりかなりあることから、防弾チョッキにも使われている素材だ。

UNiCASE オリジナルブランドラインから強化繊維「ケブラー®」と「グラスファイバー」を使用したiPhoneケース発売

Copyright (C) 2015 UNiCASE All Rights Reserved.

 

また、シルバーの方が『グラスファイバー』製だ。こちらも強度には定評があり、しかも軽い。クルマのパーツや機械の潤滑部などに使われることが多い素材だ。

これらは、どちらも薄さ約0.6mm、重量12g(iPhone 6 Plus用 16g)と薄くて軽い。また、表面を光沢仕上げにすることで、素材が持つ独特の織り目が強調され、高いドレスアップ効果を生むことにも成功している。

 

特殊成形でスッポリ

iPhone6やiPhone6 Plusにフィットするような特殊成形がされているので、装着しても元々持っている美しい曲線デザインはそのまま。もちろん、カメラホールもちゃんとある。
また、弾力性がある素材なのでセットも簡単。粘着テープや特殊な工具なども一切使わなくてOKだ。

UNiCASE オリジナルブランドラインから強化繊維「ケブラー®」と「グラスファイバー」を使用したiPhoneケース発売

source:Copyright (C) 2015 UNiCASE All Rights Reserved.

 

価格は、ケブラー製とグラスファイバー製は同じで、
iPhone6用が7,000円(税別)、iPhone6 Plus用が7,250円(税別)だ。

防弾キョッキ並みの強度? とまではいかないだろうが、とにかく高いプロテクト性と軽さ、そして電波もちゃんと通す高い実用性があるのは確か。加えて、見た目のヘビーデューティさも、好きな人にはたまらないアイテムだと言えるだろう。

 

【参考・画像】

※ UNiCASE

※ UNiCASEオリジナルブランドラインから強化繊維「ケブラー®」と「グラスファイバー」を使用したiPhoneケース発売

※ source:AS Inc / Shutterstock

【 関連記事】

※ 無駄な電波をエネルギーに変えるスマホケース「Nikola Labs Phone Case」

※ それどこの!? 女性も食いつく「フルレザーガジェットオーガナイザー」

※ 100秒回してiPhoneが1時間分チャージできる「人力発電」スマホケース

※ 薄さの追及やストレージ拡張機能まで?アイデア光る「iPhone 6用バッテリー付きケース」3つ

※ 液晶画面を密封!? フィット感と強さを追及したiPhone6用強化ガラス保護フィルム「CINDER」