コレがあればイクメン度がワンランク上に!? ジャイロスコープ内蔵の「ハイテクベビーカー」

コレがあればイクメン度がワンランク上に!? ジャイロスコープ内蔵の「ハイテクベビーカー」

子育てをするメンズ、イクメン。仕事と子育てを両立する男性が増えている。そんなイクメンは子育てグッズにもこだわるが、中でも注目なのが子供を運ぶ装備、だっこ紐やベビーカーだ。ベビーカーとは子供が最初に触れる乗り物といっても過言ではない。このベビーカーにハイテクの波が押し寄せている。

Baby’s safe day out - YANKO DESIGN

Baby’s safe day out – YANKO DESIGN

 

 

 

究極の乗り心地、ジャイロスコープ内蔵

ベビーカー(ストローラー)で問題なのはその乗り心地の悪さだ。ショッピングモールの通路のようにフラットな路面ならどんなストローラーでも問題はないが、段差だらけの歩道ではガツガツとホイールがぶつかり乗り心地は最悪。ひどいときには前転してしまうことすらある。

これを解決するためにホイールを大きくしたバギータイプのストローラーが流行しているが、それでも段差を越えるとその衝撃は子供に伝わってしまう。

Baby’s safe day out - YANKO DESIGN

Baby’s safe day out – YANKO DESIGN

 

大きなホイールとロングストロークのサスペンションを採用したジャイロスコープ内蔵ストローラーであれば、外からの衝撃はもちろん、地面が傾いたとしても常に水平を保ってくれる。寝た子を決して起こさないため、多忙なイクメンには朗報だ。

 

UVカットキャノピーとベンチレーション

ストローラーで移動中気になるのが天候の変化。UVカット機能をもつキャノピーが装備されているので、直射日光や雨から子供を守ってくれる。また中が快適になるようベンチレーション機能も装備されているので、蒸し焼きになることもない。

もちろんおしめや飲み物など手荷物を入れるスペースも確保されており、手ぶらでストローラーを押せるのは楽だ。

現在はまだコンセプト段階であるが、スマートなストローラーの出現がさらにイクメンを拡大させるに違いない。

 

【参考・画像】

※ Baby’s safe day out – YANKO DESIGN

【関連記事】

※ 世界初!藻類を利用した「バイオデジタル」キャノピーがエコ建築の新時代を築く 

※ Guy Hollaway Architectsは世界初の「複層階式スケートパーク」を提案

※ シャワー時の水使用量70%を削減?水を霧にする「Nebia Shower」

※ 食糧危機を救えるか!? 水上農場「SMART FLOATING FARMS」のアイディア

※ 次世代の「空に浮かぶ風力発電」革新が招く様々なメリットとは