米アップルが9月9日にイベント、新iPhone発表の予感?

shutterstock_129038348

source:Kostenko Maxim / Shutterstock

 

9月9日、アップルが変えようとしているものは……。

先日、アップルからメディアに向けて、9月9日におこなわれるスペシャルイベントの招待状が届いた。メインビジュアルにはネイビーを基調にしたアップルのロゴ、その周りに5色の波のようなものが表現され「Hey Siri , give us a hint. 」の文字が記されている。

このイベントで発表される製品は、おそらく次期iPhone『iPhone 6s』ではないかといわれているのはご存知のとおりだ。

ただ、本当にそうなのか? また、噂される4インチの『iPhone6c』や、『iPad』などはどうなるか。

今回は、過去のリーク情報などをまとめて推測してみたいと思う。

 

次期iPhone『iPhone 6s』

一番可能性が高いのはこれだろう。たとえ今回のイベントで出ないとしても、数ヶ月以内にはほぼ出ると言っても過言ではない。歴代iPhoneは1年ごとに進化を続けており、今ではアップルの主力製品だ。このサイクルを崩すことがあるとすれば、よっぽどの事情があるはずだ。

過去の情報をもとにして予測されるスペックは、A9プロセッサに1,200万画素で4Kムービーが撮影できるカメラ。『MacBook』で新たに採用された『Force Touch』を搭載し、カラーに従来のスペースグレー/シルバー/ゴールドの3色に加え、ローズゴールドが追加される。

プロセッサは従来の製品サイクルから考えられるものだ。カメラはリーク情報と競合製品との比較からいって可能性は低くない。『Force Touch』は度々噂には出てきているが、どういった方法で役に立つのかが明らかになっておらず、ここは判断が難しい。

新色は可能性が高いといわれるが、正直判断が難しい。前向きにみると、『iPhone 5s』の際にも新色でゴールドを追加した経緯があり、同じデザインを流用する「s」モデルに新鮮味がないという問題を解決する1つの方法として、アップルは新色追加の流れを作ろうとしていることが考えらえる。

一方で、現在iPhone、iPad、MacBookからiTunesカード、Beatsのヘッドフォンに至るまで、アップルはスペースグレー/シルバー/ゴールドという3色展開でブランドイメージを定着させている。その法則をあえて自分から崩しにいくのか? と考えると難しいところなのだ。

 

4インチiPhone『iPhone 6c」

気になる人が多いのはここではないだろうか。『iPhone 6』の大型化はすべての人に受け入れられたわけではなく、手の小さい人や女性にとっては正直扱いにくいサイズであるのは明らかだ。そこで期待されるのがこの4インチモデルなのだ。

過去のリーク情報では「開発されている」「最初は開発されていたが途中で中止」「来年発売」など、さまざまな情報が錯綜している。これらの情報を総合的に見てみると、開発されているが来年発売というのが一番現実味が高いと思われる。

今年は『iPhone 6s』の開発・発売に力を使い、これらのモデルの需要が落ち着く来年の春頃に発売するというのは、販売戦略上非常に有効だ。またサプライヤー的にも6sの製造が落ち着き、余裕が出てくる可能性が高い。技術的にも新型プロセッサもこなれてくる時期であるため、価格を抑えやすいのではないだろうか。

スペックは、新型『iPod touch』のように最新型のプロセッサ(A9)を搭載しつつも、クロックダウンした廉価版という見方が強い。ただ、外装は以前の5cのように明らかな廉価版といったものにはしないと考えられる。というのも、5cは5sの価格差はごく僅かだった。その割にチープなプラ外装を使うのはむしろデメリット。ならば、金属外装で質感を維持する方が賢明だろう。

発表をするか否かは難しいところだが、可能性は0ではない。今年あえて発表し、来年まで待たせるという売り方は『Apple Watch』でも行っており、大きさゆえにiPhoneの買い替えを悩んでいるユーザーにとっては少し待って小型モデルという選択肢をとれる。ユーザー視点でいえば発表してもらえる方がありがたい。