再生医療の扉を開く?ミトコンドリア病の幹細胞治療へステップ

再生医療の扉を開く?ミトコンドリア病の幹細胞治療へステップ

ミトコンドリアの働きが低下することで起こる『ミトコンドリア病』。

アメリカでは毎年新生児の1,000人から4,000人が発症する、現在までに根治療法が見つかっていない難病だ。

先日アメリカでは、この病気の幹細胞治療への重要なステップとなる研究結果が発表され、関係者の期待を集めているという。自己を複製する能力とともに様々な細胞に分化する能力を持った幹細胞が、どのようにミトコンドリア病の治療につながるのだろうか。

1ページ目から読む