ガラス工房が創る「明るい未来」日系企業とチャリティー活動

shutterstock_214261636

source:http://www.shutterstock.com/

 

日系企業がなぜ海外に進出するのか。見も蓋もない言い方を敢えてすれば、それは“金儲け”のためである。

そう言うと、反発する人が必ずいる。だが、どんな人間でも、毎日食べるものを食べ飲むものを飲み、屋根のある住まいを求める。その中で、自らの生活レベルを向上させていくというのは自然なことで、そうするためには、まとまったお金を稼ぐ必要がある。

落語家の、三代目古今亭志ん朝は、稼いだ金で豪邸を立て外車を乗り回した。その様子を週刊誌で批判されたこともあるが、ビジネスマンとしての志ん朝の態度は正しい。“金はあるに越したことはない”からだ。

だが、老衰で死ぬまで、業界のプロであり続けるならば、それだけではいけない。ビジネスとは自由競争ではあるが、同時にビジネスマンは“公民”である。稼ぐだけの金を稼ぎ、はいサヨウナラというわけにはいかない。

自分が商売をした土地、そしてそこに暮らす人々のことを考えられなければ、ビジネスはいずれいき詰まるものだ。

それを教えてくれる企業がある。ガラス工房の『フュージョンファクトリー』だ。