外出の多いビジネスマンに朗報!AppleがMacBookを使い続けられる強力な「燃料電池」開発?

Macbook

source:http://www.shutterstock.com/

 

いくらAppleファンでも、正直なところMacBookやiPhoneのバッテリー持続時間に満足している人は少ないだろうし、充電の頻度が煩わしいと思う人もいるだろう。ひとたび充電ケーブルを離せば、みるみるうちにインジケータが減っていくのは、もはや見慣れた光景だ。

しかし、どうやらApple社は、そんな頭を悩ますAppleユーザーたちに対し、見て見ぬ振りしているワケでは無さそうだ。

それは、Appleが出願した特許から想像できるかもしれない。なんと、同社は、“燃料電池”の開発に取り組んでいるようなのだ。

つまりどういうことかというと、これが実現すれば、モバイル機器は週末だけ燃料を注入すれば、平日は充電する必要がない、という素晴らしい製品が登場するかもしれないのだ。

 

カートリッジ式の燃料電池を内蔵?

『United States Patent Application 20150249280』として公開されたアップル社の特許は、『Fuel Cell System to Power a Portable Computing Device』と題されている。

つまり、“携帯用コンピュータに電力を供給するための燃料電池システム”だ。

これはなんとも期待させるタイトルではないか。要は、MacBookなどを、数日から数週間にわたって、外部からの電源に接続することなしで、使い続けることができることになりそうなのだ。特許は2015年3月16日に出願されている。

この特許によれば、モバイルデバイスには、燃料スタックや冷却ファン、内部バッテリー、温度センサーなどが組み込まれるらしい。外部には燃料カートリッジが描かれている。

特許 Apple

source:http://www.freepatentsonline.com/

 

ただ、まだ特許が公開されたという段階で、すぐに製品化が実現するというわけではないのであしからず……。

……が、既に実現した企業があった!?