まるでパニック映画の世界!? 「3万年前の巨大ウィルス」発見

永久凍土

source:http://www.shutterstock.com/

 

まるでパニック映画の始まりのようだ。

シベリアの永久凍土から、3万年前のウィルスが目覚めようとしている。

『米科学アカデミー紀要』(Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)に掲載された論文によれば、ロシア北東部の永久凍土から、フランスの研究チームが発見したのは、現代のアメーバにも感染する可能性がある、全長0.5ミクロン以上の巨大なウィルスだ。

この発見は、大きな危険を秘めているのだという。