国産素材で復活!? 幻のリキュール「アブサン」で酔いしれたい

アブサン

source:http://www.shutterstock.com/

 

『アブサン』という酒がある。

薬草系のリキュールで、ニガヨモギを中心とした素材から作られる。アルコール度は40%から70%前後と非常に高いものが多く、中には90%近いものもあるようだ。

この『アブサン』は、かつては中毒者を出すほど愛好家が多く、特に芸術家達に愛された。愛しすぎて身を持ち崩す者も出た。詩人のヴェルレーヌや画家のゴッホたちがそうだ。

魅惑的な酒だが、一時は米国や欧州の一部の国々で禁止されるなど紆余曲折があり、現在は日本では造られていない。

そして“幻のリキュール”などとも呼ばれるようになったらしい。

しかし、この『アブサン』を、国産原料で蘇らせようというプロジェクトが立ち上がった。