3Dプリンターが医療で活躍!チタン製3Dプリントで失った肋骨の骨格を再建!

胸筋 腹筋

source:http://www.shutterstock.com/

 

以前から、人工骨にはチタンが使われることがあったが、この度スペインのサラマンカ大学病院で成功したのは、3Dプリンターで作られた、複雑な形状の“チタン製骨格”を埋め込む手術だった。

埋め込まれた人工骨は、胸壁腫瘍で、胸骨と肋骨(ろっこつ)の一部を失った患者に埋め込まれたが、かなり複雑な形状に合わせなければならなかったにもかかわらず、まるで手袋を嵌めるように、ぴったりと患者の骨と繋がったという。

果たしてどのような技術だったのか。