速度に応じて変化する!ベンツの未来的セダン「Concept IAA」

benz concept iaa

source:https://www.mercedes-benz.com/

 

空気抵抗。地上を走るものすべてが受ける抵抗であり、効率をつきつめる自動車にとって立ちはだかる壁でもある。

モータースポーツの最高峰F1では、エアロダイナミクスの活用がここ数十年のトレンドであり、その波は一般車へもフィードバックされている。

現在F1で常勝を続けるメルセデスが放つコンセプトカー、『Concept IAA』はセダンでありながら、究極の低・空気抵抗を実現した。

 

デジタル・トランスフォームによりCd値を激減

『Concept IAA』は通常の“デザインモード”でもドアノブが廃され、完全にフラットサーフェス化されたウィンドウなどから空気抵抗係数Cd値 0.25と低い値を誇る。

これはGT-R 0.27よりも低く、プリウスの0.25と同等、同社の CLA 0.23に迫るものだ。空気抵抗値を減らす手法は様々だが、デザインとの両立が難しく、GT-Rの空力デザイナーいわく「空力デザイナーは見えない部分、底面が主、見える部分は目標数値だけ提示して、形状はカーデザイナーが担当」というほどだ。

そこで『Concept IAA』は走行中、80km/h以上となるとデジタル・トランスフォーム。ボディを大胆に変形させ“エアロダイナミック・モード”になることでCd値を 0.19まで減らす。具体的にはグリル、フロントバンパー、リップスポイラー、ホイールリムを可動、テールエンドを延長させることで実現している。特に延長されたテールエンドにより受ける印象は大きく異なり、“ウルトラ警備隊・ポインター”を彷彿とさせ、未来的な印象を与える。

F1でもDRS(Drag Reduction System)を使い空気抵抗を減らしているが、その一般車版といっていいだろう。

F1同様、メルセデスがこの分野でも快進撃を続けるのか、エアロダイナミクスからも目が離せない。

 

【参考・画像】

※ Mercedes-Benz ‘Concept IAA’ (Intelligent Aerodynamic Automobile): Digital transformer – Mercedes-Benz

【動画】

※ Mercedes-Benz TV: Intelligent Aerodynamic Automobile – the “Concept IAA”. – YouTube

【関連記事】

※ デートにもってこい!? 「シルバーウィーク」を素敵な高級スポーツカーで過ごす方法

※ ファン待望!遂にベールを脱いだ「新型プリウス」の魅力を解剖する

※ 次世代自動車の本命はPHVなのか?

※ 【クルマを学ぶ】ハロゲンからHID、LED、レーザーまで「ヘッドライトの変遷」

※ 身にまとうスーパーカー!? ミズノがランボルギーニとコラボレーション