撮りすぎ注意!息を呑むほど美しい「iPhone 6s」で撮影された4K映像

4K iPhone 6s

source:http://www.shutterstock.com/

 

早速だが、こちらの動画をご覧いただきたい。

この美しい4K動画、プロ用の機材で撮影されたものではない。発売されたばかりの話題のスマートフォン、『iPhone 6s』で撮影されたものだ。

4K動画とは、3,840×2,160ピクセルの高解像度動画。1,920×1,080ピクセルのフルHD動画に比べ、約4倍の解像度を持つ。このようなハイクオリティな動画が手軽に撮影できてしまうのも、iPhone 6sの特長のひとつだ。

更に、『iPhone 6s Plus』では、動画撮影時にも光学式手ぶれ補正が有効になるため、より手軽に撮影が楽しめる。

また、iOS用アプリ『iMovie』を使用すれば、iPhone 6s上で4K動画の編集が可能。『iPhone 6s』だけで手軽に4K動画が楽しめてしまうのだ。

自分には関係ないと思っていた人も、『iPhone 6s』を手に入れたら思わず4K動画を撮りまくってしまうだろう。

 

iPhone 6sの容量不足に注意!

その際にひとつだけ注意点が。4K動画は非常に美しいが、その分とてもファイル容量が大きい。1分でおよそ375MBほどの容量になると言われており、3分の動画を撮影すれば、1GBほどとなる。

これまでと同じような感覚で、4K動画を撮影するとあっという間に容量不足に陥る恐れがある。4K動画を楽しみたいという人は、64GB以上のモデルがいいだろう。タイミングも重要だ。

それにしても、スマホ1台で撮影されたとは思えないほど高画質。もはやiPhoneは、記録だけではなく作品づくりにもかなりのクオリティを期待できるデバイスとなった感がある。

これまでも写真や動画の世界でiPhoneを使った作品が発表されてきたが、これから4K動画もiPhoneで、という時代になるのだろうか。いやはや楽しみなものだ。

 

【参考・動画】

iPhone 6s 4K video – Apple

YouTube – iPhone 6s 4K Sample

【画像】

※ Daniel Schreiber / Shutterstock

【関連記事】

※ いよいよ発売!快適な「iPhone 6sライフ」を送るための5つのアイテム

※ iPhone 6s発売直前!AndroidからiOSへの移行をアプリで簡単に。でもその評判は?

※ iPhone 6sをフルアーマーに!ワイヤレス充電も可能な米軍規格の超タフなケース登場

※ おもしろ実験!「iPhone 6s」と偽って渡した「初代iPhone」の方が理想に近い!?

※ iPhone 7で実装?AppleはいつiPhoneを「ワイヤレス充電」にするのか