ロサンゼルスがテスラやBMWの電動公用車288台リース導入へ

エコカー プラグインハイブリッドカー

source:http://www.shutterstock.com/

 

ロサンゼルス市では、政策に“サステナブル(持続可能)な街づくり”を掲げており、温室効果ガスの排出量削減に向け、再生可能エネルギーへの切り替えに取組んでいる。

同市は今年4月、2050年までに温室効果ガスを80%削減するため、2017年までの短期目標と2025年、2035年までの長期目標を発表した。

その第1弾として、2017年までに市内にEVの充電施設を1,000カ所以上設置すると共に、小型公用車の50%をEVに置換、2025年までに80%を置換するとしている。