存在感増すシャープ、インドネシアの白物家電市場について学ぶ

冷蔵庫

source:http://www.shutterstock.com/

 

インドネシアの白物家電市場が、とにかく面白い。

筆者は家電ウォッチャーでもある。行った先々の国の家電量販店に赴くのが趣味で、その国の売れ筋の製品は何なのかを必ずチェックする。これがちょっとした文化人類学の勉強みたいで、なかなか楽しい。

地球は、地域によってその気候が大きく違う。たとえば同じ摂氏35度でも、東南アジアとアフリカ大陸中部では湿度が異なる。東南アジアの暑さは半袖のシャツでいないと汗まみれになってしまうが、アフリカの暑さはむしろ長袖の服を着ていた方がいい。日除けと防塵対策である。

では南米では? オセアニアでは? 中国では? このように、地球は変化に富んだ惑星である。家電量販店に並んでいる製品がそれぞれ違うのは当然とも言えるが、その分観察のしがいがある。

日系家電メーカーも、各国の特徴を把握することに必死だ。特に、世界的にも市民の消費が多いと言われているインドネシアでは、日夜激しい家電販売競争が繰り広げられている。

1ページ目から読む