五郎丸選手に学ぶ「アスリートとルーティン」見直される勝利のポーズ、ビジネスにも活きる?

ラグビー

source:http://www.shutterstock.com/

 

先日、ラグビーの超強豪国である南アフリカ相手に大金星を挙げた、ラグビー日本代表の中心選手、五郎丸歩のルーティン『五郎丸ポーズ』が、今話題になっている。

五郎丸はゴールキックの際に、合掌の変形のようなポーズを見せる。ネット上では“浣腸ポーズ”とも言われているようだが、なんでもこれはイングランドの名選手ジョニー・ウィルキンソンにあやかったものらしい。

もっとも、五郎丸のルーティンは、静岡県では以前から有名だ。彼はヤマハ発動機ジュビロ所属の選手である。ヤマハスタジアムの観客は、彼のルーティンを見るたびに拳を握りしめながらキックを見守っている。

ラグビーに限らず、アスリートにとってルーティンは重要なものだ。一見、競技とは何の関係のない前動作だが、やっている本人にしてみれば緊張を和らげる効果がある。選手にとって、ルーティンという英単語を“願掛け”と訳しても、あながち間違いではないのだ。

伝説的メジャーリーガーであるイチローが、バッターボックスに入った際に見せるお馴染みの動作も、ルーティンのひとつだ。抽象的な表現になってしまうが、“アレ”をやることでリラックスしてゲームに臨んでいる。

その効果は、最近ではメンタルトレーナーも認めている。今回はそんなルーティンについて追求してみよう。

1ページ目から読む