アメリカ・乱射事件再び…続々投入される「新商品の威力」とは

source:http://www.shutterstock.com

source:http://www.shutterstock.com

 

アメリカで、また悲惨な乱射事件が発生した。

10月1日、オレゴン州のローズバーグという都市にあるコミュニティーカレッジで男が銃を発砲し、10人以上の死者が出た。「10人以上」というのは、この記事を書いている時点でまだ情報が錯綜しているからで、記事が配信される頃には最終的な死者数が判明するだろう。だがいずれにせよ、アメリカではこうした津山事件のような大量殺人がシーズンごとに発生しているのだ。

もしかしたらこの間にも、また別の場所で乱射事件が起こっているかもしれない。そして飛び交う速報を掻き分けつつ、死傷者が何人出たかという現地警察の発表を待ち、それを母国語に訳して記事を書き……という堂々巡りを、世界のジャーナリストはもう何度も繰り返してきた。

その暗黒のサイクルは、来年も続くだろうと筆者は見ている。しかも、今年よりもさらに加速化するはずだ。

1ページ目から読む