2020年東京五輪までに実用化されるか?スマートグラスによる未来の野球観戦スタイル

スマートグラス

野球観戦。TV放送技術が進み、さまざまな情報が付加されたリッチな映像による中継放送がエキサイティングになっている。

日本ではセ・リーグもパ・リーグも優勝チームが決まり、クライマックスシリーズを迎えようとしている。ヤクルトの山田選手、そしてソフトバンクの柳田選手が揃って『トリプルスリー』を同時達成、日本プロ野球史上9、10人目の快挙だ(同年で2人の達成は実に65年ぶりだという)。

そんな話題もあいまって、プロ野球の観戦者は確実に増えている。広島東洋カープでは『カープ女子』というひとつのカルチャーが形成され、女性にとっても身近な存在になりつつあるのだ。

それだけ球場に足を運び、スタンドから生で観戦するのは、迫力があるだけでなく空気感や臨場感を共有でき非常に魅力的だ。

ただ、席種によっては情報を得る手段は遠いバックスクリーンの電光掲示板や、手元のスマホに頼らざるを得ない。しかもスマホをみていたら、肝心の決定的瞬間を見逃していた、なんてことにもなりかねない。

しかしライブ観戦でありながら、TV中継なみのリッチな情報提供を受けられる新しい観戦スタイルの試みがあるという。

1ページ目から読む