野球賭博問題で再び明るみに、プロスポーツ界と裏社会の「つながり」

imasia_11491012_M

source:https://pixta.jp/

 

50歳まで現役を続けた『球界のレジェンド』山本昌投手の引退登板という大ニュースに、大きなヒビが入ってしまった。

巨人所属選手による野球賭博問題が、そのヒビを作ったのだ。

筆者はここ数日、インドネシア高速鉄道計画の記事を複数のメディアで手がけていたが、こういう生活をしていると日本のトップニュースには疎くなってしまう。

だがこの事件の発覚は、遠い南国にいる筆者の胸にも深く突き刺さった。今時、このような不祥事が発生するのか。

5年前の大相撲力士による野球賭博事件を受け、日本のスポーツ界は綱紀粛正を徹底させたはずである。あの時は現役の関取、しかも大関が相撲協会から追放された。

これは角界のみならず、見に覚えのあるプロアスリート全員を震え上がらせた。

どうやら、その時の恐怖を忘れてしまっていたらしい。

1ページ目から読む