カッコイイ次世代型自転車!未来の自転車はスマホホルダーやカウル付きになるのか?

「Eff You See Eye」

グリップ以外のハンドル、フレーム、ホイールはすべて翼端形状になっており、いかにも空気抵抗が少なそう。

モトGPマシンかと見まごうばかりのシャープなウィンドウスクリーンは風をきるイメージ。

EggerUCI_1280_20150618_s33.3-0047

(c)Carson Blume

 

ハンドルバーの根元はスマホホルダーとなっており、視認性、操作性ともに抜群だろう。

ナビゲーションやデータロガーアプリにより運転状況をモニタリングできそうだ。

EggerUCI_1280_20150618_s33.3-0049

(c)Carson Blume

 

このコンセプト自転車『Eff You See Eye』はデザイナー Robert Eggerによるもの。

現在のロードバイクは競技用として速く走ることを目的としており、極限にまで軽量化、最適化されている。それ以外のカタチがあってもいいのではないか。

そう考えて、一般的な自動車や自転車に使われる四角いデザインを廃した流麗なデザインはまさに未来の自転車の形を具現化したものといっていいだろう。

 

子どもの頃、夢見た未来の自転車のカタチがここにある、そんな気持ちになる。

 

【参考・画像】

“Eff You See Eye”

【関連記事】

※ 今日は「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の日!描かれた世界観はどれだけ実現しているのか?

※ 自転車もハイブリッド化へ…「スマホ充電も可能」な電動アシスト付きロードバイク

※ 【最先端トレンドまとめ】話題の「電動モビリティ」3選

※ 装着も簡単!お気に入りの自転車を「電動アシスト自転車に変える」ツール

※ 通勤でも使える!スタイリッシュな自転車用「折りたたみヘルメット」

1ページ目から読む