腫瘍細胞における薬剤耐性メカニズムを解明したという、ガン治療のややこしい発見

MIT-Cancer-Drug-Resistance-press

(c)Jose-Luis Olivares/MIT (p53 illustration by Richard Wheeler/Wikimedia Commons)

 

細胞の修復機能が却ってガンの治療薬の効果を妨げているという、ややこしい話がMITから発表された。

我々の体には、細胞がガン化することを防いでくれている遺伝子が存在する。それが『P53』と呼ばれる遺伝子だ。

『P53』遺伝子のPはタンパク質(protein)を示し、53は分子量が53,000であることを示しているという。

この『P53』遺伝子は、凄い働きを持っている。それは、細胞内のDNAに損傷があると修復してくれるのだ。

それだけではない、もっと凄いのは、細胞がガン化すると、その異常を来した細胞が自殺するように仕向けるのだ。この、細胞が自殺する機能を『アポトーシス(apoptosis)』と呼ぶ。

つまり、『P53』は我々の細胞がガン化することを防いでくれる働きを持っているのだ。

1ページ目から読む