壁の向こう側にいる人の動きを感知し、誰だか識別する技術がMITによって開発されていた

wireless-silhouette-fingerprints-mit_0

source:http://news.mit.edu/

 

カメラを設置していなくても見えるの?

カメラを使わなくても、壁の向こう側に誰が居るのかを、こちら側から知ることができる技術が開発されていた。

開発したのは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピューター科学と人工知能研究室(CSAIL)の合同チームだ。彼らが壁を透視するために使ったのは、Wi-Fiなどの電波だった。

この技術は『RF Capture』と呼ばれるもので、壁越しに反射された無線を捉えて人の状態を知ることができる。

『RF Capture』は、11月2日(展示会は3日から)から神戸で開催される『シーグラフアジア』でも紹介されるようだ。

1ページ目から読む