「やっちゃえ!」日産今度は愛媛県のトンネルに光の巨大ミュージアム

夜間はハイビーム走行が基本

そもそもヘッドライトのハイビームを『走行用前照灯』、ロービームを『すれ違い用前照灯』と呼ぶことからもわかるように、本来は主としてハイビームで走行するのが基本であり、対向車とすれ違う際や前走車が存在する場合に、ロービームに切り替えるのが正しい使い方。

実際にはハイ/ローの切替が面倒なことから、ロービームのみで走行するケースが一般的になっているが、前方の障害物や横断者の発見が遅れて事故に繋がるケースが多いと言う。

今回日産が開発した『ハイビームアシスト』の他にも、最近では幻惑対象となる部分を、コンピューター制御で連続的に遮光することで、ハイビームのまま走行できるクルマも登場しており、今後は夜間走行時の安全性向上の観点から、同様な機能の搭載がエントリーモデルにまで広がるものと予想される。

そして完成したCMがこちらだ(『The MAGICAL TUNNEL | 日産デイズ技術篇 30秒 – YouTube』)。

 

【参考・画像】

日産自動車『The MAGICAL TUNNEL』11月2日(月)よりYoutubeにてプロジェクトムービー公開 – PR TIMES

日産デイズ

【動画】

※ The MAGICAL TUNNEL by NISSAN DAYZ | プロジェクトムービー – YouTube

※ The MAGICAL TUNNEL | 日産デイズ技術篇 30秒 – YouTube

【関連記事】

トヨタの新車開発がCMになった! 「TNGA STORY」公開へ

トヨタがルマン参戦マシンを使って171人分の朝食を同時に作った凄技とは?

芸術の域に達したパラパラ動画「2分でわかるHONDAの歴史」

走行中の心拍数にシンクロして発光する「Lexus RC F」

将来は宙を飛ぶ?EV時代の「スケートボード」とは

1ページ目から読む