再生する命の物語を、復興に歩む東松島の森から日本の未来へ。

アファンの森財団による「森の学校」の授業風景。画像提供/アファンの森財団

アファンの森財団による「森の学校」の授業風景。   画像提供/アファンの森財団

 

東日本大震災で甚大な被害を受けた東松島市。

復興の兆しはなかなか見えないが、野蒜地区では高台移転計画が進み、宮戸地区と野蒜地区の小学校が統合される宮野森小学校を『森の学校』にするプロジェクトが進められている。

その学校に隣接する森を再生しながら、人の心や命のつながりも再生するプロジェクトがここから始まっている。

1ページ目から読む