「本物」に近づく義手のテクノロジー、進む低コスト化。スマホでパターン学習も

shutterstock_66060247

source:http://www.shutterstock.com/

 

義手と義足、どちらが作るのにより手間がかかるのか。その答えはやはり義手である。

義足は製作が比較的容易だ。立って歩くだけなら身体を支える棒だけでも構わない。ところが義手になると、片方計5本の指を作らなくてはならない。もっとも昔の海賊のような鉤手型にするのなら簡単だが、いずれにせよ“本物の手のような義手”を作ることは今も困難を極める。

だが、技術の進化は“本物の手のような義手”を生み出そうとしている。

1ページ目から読む