【未来探訪#002】最新AIの基礎知識②山川先生、今ドキの人工知能ってどうやって作るんですか?

完成は15年後の2030年!?

そういった目標達成のために、どういったことをやられるんでしょうか?

山川さん、

<このアプローチを実行するには、人工知能の知識だけでなく、神経科学や認知科学、機械学習など広い分野での知識が必要なんです。

そのために、我々は、この団体の前身でもある『全脳アーキテクチャ勉強会』を2013年から行っています。いろんな分野の方に参加してもらうためです。

また、様々な機械学習モジュールを“繋げる”ソフトウエア開発などのために、ハッカソンの企画や開催も行っていきます。

今後は、同じようにオープンなアプローチをとっている、海外の組織とも連携を取りたいと思っています。

完成時期の目標は、15年後の2030年です。『汎用人工知能』を作るだけでなく、再来するかもしれない冬の時代にもしっかりと歩んでゆける、芯の強いAI開発人材を育てたいですね。

前述の通り、我々は開かれた“開発コミュニティ”を目指しています。是非、いろんな方々に参加してもらえれば、と思っています。>

 

多くの有志を募り『汎用人工知能』に挑む『全脳アーキテクチャ・イニシアティブ』。

現在、各種賛助会員や運営や研究のボランティアも募集中で、学生はもちろん、会社員だけど休日だけでも手伝いたい方などでもOKだそうだ。

興味がある方は、ぜひ参加してみてはいかがだろうか?

 

【取材協力】

山川 宏 – ドワンゴ人工知能研究所
1965年生まれ。東京理科大、東京大学大学院での研究を経て、富士通研究所入社。
現在は、ドワンゴ人工知能研究所にて所長を務める。電気通信大学大学院情報システム学研究科客員教授。工学博士。
また、人工知能学会の副編集委員長にして汎用人工知能研究会主査。
専門は、人工知能、特に、認知アーキテクチャや概念獲得。

【参考・画像】

※ 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI)

【関連記事】

※ トヨタが「人工知能」に本腰1,200億円!米国防総省出身のギル・プラット博士を新会社CEOに起用

※ この「ダーウィン」という子供ロボット、不安定な動きには可能性がある

※ ロボットやクルマ、テロ対策にアイドルまで! 「FUTURUSを飾ったA.I.たち」5選

※ オープンソースの初心者向けバイオセンシング「OpenBCI」でバイオハッカーになろう

※ トヨタが開発を急ぐ「自動運転車」は2020年までにGoogle Carを凌ぐ?

1ページ目から読む