2020年のスマホはどうなる?革新的進化の要となる「3つの要素」から考える5年後の携帯電話

■3:ハードウェアの革新的進化

さて、最後は機械について考えてみたい。

現在開発されているストレージやCPUなど、様々な次世代テクノロジーが、いつ頃にコンシューマー向けで実現してくるか。これは大きな鍵となるだろう。

ここ数年、ストレージやCPUの進化のスピードは鈍化し、一般消費者からすればどれを買っても満足だし、数年前のスマホでもあまり困らない状況になってきている。

iPhoneやスマホが出始めの頃は、次々と新機種を買わなければアプリが重くて、全然動かないなどということが多々あったが、今ではそこまでシビアなものも少ないだろう。

しかし、これはスマホ業界全体の進化の鈍化につながっているのは明らかだ。

ここの技術革新が進むか否かが、先述の2つと同じくらい大きな分岐点になると言えるだろう。

 

このように、様々な“変数”がスマホの革新的進化にはまとわりついている。

これらの歯車が上手く組み合わさり、動き始めることができれば、2020年には、現在の私たちからは想像もつかない進化を遂げたスマホを手にできるかも知れないだろう。

いや、もしかしたらそれは“スマホ”ではない、まったくもって新しい携帯電話かも?

 

【画像】

※  LDprod / Shutterstock

※ Alliance / PIXTA

【関連記事】

※ iPhoneの旬は2年!? iPhoneを買い換えるべき5つの兆候

※ 長年議論を呼ぶ「iPhoneのアップデートはすべきか否か」を考える

※ 進む大型化、今度こそ使いやすい4インチiPhoneがやってくる?様々な条件から、来年前半発表を読み解く

※ iPhoneの画面が割れたら対処したいこと4つ

※ Live Photosの共有も!iPhone 6s/6s Plusならではの機能を活かせるアプリ5選

1ページ目から読む