FCVに3分で充填! ENEOSの「移動式水素ステーション」が3カ所で営業開始

03_相模原中央水素ステーション2

source:http://www.noe.jx-group.co.jp/

 

ご存じ、水素と酸素で電力を作り走るFCV(燃料電池車)は、CO2排出がゼロということで今注目の最新エコカーだ。

ただし、燃料となる水素の補充を行う“水素ステーション”の数があまりないこともあり、普及にはまだまだ時間が掛かるのが現状だ。

そんな中、ガソリンスタンドなどでおなじみ『ENEOS(エネオス)』ブランドを運営するJX日鉱日石エネルギーが、『移動式水素ステーション』の営業を開始した。

『移動式水素ステーション』とは、大型トラックなどの荷台に水素ディスペンダーなどを設置したもの。要は、ガソリンスタンドにある給油機の水素版、水素充填設備を載せたトラックのことだ。

固定式水素ステーションの普及には、場所や許認可などの問題で時間が掛かる。そのため、暫定的にステーションが不足している地域へ供給をカバーするのが大きな目的だ。

こういった『移動式』は、現在、日本移動式水素ステーションサービスなど様々な会社がサービスを始めているが、JX日鉱日石エネルギーでは初の試みである。