師走へ突入!年末年始に自分でできる愛車の冬支度ポイント5つ

■3:ウォッシャー液の点検、水道水による節約はNG行為

寒冷地の走行では視界を確保するために、ウインドウォッシャー液の使用頻度が高まるため、減っている場合は補充しておく必要が有る。

03

 

普段から節約で水道水を使用している場合、寒冷地でウォッシャー液が、タンク内で凍結して噴射できなくなるから要注意だ。

対策としては、車載の取扱い説明書を参考に、ウォッシャー液の希釈濃度を高めておくことをお薦めする。

カー用品店では、寒冷地用に凍結防止効果を高めた専用品も販売されているようなので、補充用も含めて車載しておくと安心だ。

1ページ目から読む