再生医療は進むか?細胞を傷つけずに培養細胞の酸素代謝を計測できる「柔らかいシート型センサ」を開発

shutterstock_160671770

source:http://www.shutterstock.com/

 

東京大学とニコンの共同研究グループは3日、細胞を傷つけずに酸素代謝を計測できる、柔らかい光学式シート型センサを世界で初めて開発したと発表した。

医薬品や再生医療の研究では、使用する細胞の品質を評価する必要があるが、従来の計測法では細胞自体を傷つけてしまっていたという。

今回開発されたのは、培養された細胞に載せるだけで、細胞のわずかな酸素代謝を高感度に計測できる光学式センサシートとなり、細胞の品質評価や新薬の機能評価・毒性スクリーニングへの応用に期待がかかっている。

1ページ目から読む