「iPad」5年の歴史を振り返って見えてきた、Appleがタブレット市場で負ける可能性

shutterstock_269496305

source:http://www.shutterstock.com/

 

2010年1月27日、Appleがはじめて発表した『iPad』。

当時は今ほどリークも多くなく、iSlateだの、iTabなどと噂されていたApple製タブレットは、この時はじめて世に登場したのだった。

日本での発売は、そこから4ヶ月たった5月28日で、当時筆者も近所の家電量販店に、朝から並んだのをよく覚えている。

当時は、まだ『iPhone 3GS』の頃で、今ほどApple人気も高くなく、並んでいる人も多くなかった。それが、この5年で発売前から注目を集め、期待の新製品であれば、品切れ続出の有名企業となったわけである。

そんなAppleの躍進と共に育った『iPad』。この『iPad』は5年間でどの様に変わったのだろうか。

今回は様々な観点から『iPad』の進化の軌跡をたどっていきたいと思う。

1ページ目から読む