人工太陽への第一歩?ドイツで実験用新型核融合炉が稼働

w7x_plasma

(c)IPP

 

これはヘリウムのプラズマ。温度は100万度に達しているという。12月10日、ドイツの『ウェンデルシュタイン7-X核融合炉』で撮影されたものだ。施設が組み上がったのが2014年4月。

その後1年を超える技術的な準備とテストを終えて、ステラレータータイプとしては世界最大の核融合炉で実験が始まったのだ。

1ページ目から読む