トヨタのFCV「MIRAI」の受注が3,300台超え!大反響で納期は3年以上先

TOYOTA_MIRAI

source:https://ssl.toyota.com/

 

トヨタ自動車が昨年12月、水素を燃料に発電、モーターで走行するFCV(燃料電池車)『MIRAI』を発売後、1年が経過、街でもその姿をたまに見かけるようになった。

愛知県豊田市にある元町工場の、元レクサスLFA組立ラインで僅か13人により手作業で組まれており、3台/日ペースの生産が続けられている。

 

年内の国内販売を400台で計画していたところ、発売後1ヶ月で受注が約1,500台に達した。

水素燃料で発電する、FCスタック(燃料電池)などのFCV特有のパーツ生産に時間がかかるため、同社の発表によると現在の納期は3年以上先の2019年以降になっているそうだ。

1ページ目から読む