遺伝子研究でサラブレッドがサラブレッドたる理由がわかったのかも

shutterstock_298868159

source:http://www.shutterstock.com/

 

少なくともサラブレッドに関しては、遺伝子型と性格の関連性がある程度判明したようだ。

これは、京都大学の研究グループの研究結果によるものだ。

遺伝子型と、乗り馴らし中のサラブレッド馬の扱いやすさとの関連を分析した結果、セロトニン受容体遺伝子の遺伝子型によって、扱いやすさに違いがあることがわかったという。

明日12月27日は、2015年の有馬記念開催日ということで、明日が待ちきれず寝るに寝られないという根っからの勝負師の方は、この記事を是非ご一読頂ければ幸いだ。

1ページ目から読む