「空の審査機関」FAAの決断。米でドローン登録始まる

shutterstock_299519210

source:http://www.shutterstock.com/

 

アメリカ連邦航空局(以下FAA)は、世界の注目を浴びる機関である。

本来は運輸省の下部組織であるが、アメリカ国内のエアライン運航や航空輸送、航空機製造はすべてFAAが管理している。そうであるが故に、諸外国の航空当局もFAAの方針に順ずる場合が多い。

例えば、事故が多発している空輸大手A社の運航許可を、FAAが取り消したとする。そのA社は日本未就航で、これから国土交通省に運航届けを出す予定だ。だがこの場合、国交省はA社の運航を決して認めないだろう。それはFAAという組織が、空の安全を監視する機関として世界的に認められている証である。

そんなFAAが、ついにドローンの管理に踏み切った。

1ページ目から読む