新年の「あけおメール」年越しから30分は繋がりにくい?子連れの年越し詣では気をつけよう

-shared-img-thumb-PAK86_iphone6egao20141221141221_TP_V

(c)すしぱく

 

「もういくつ寝ると~、お正月~」

という具合で、クリスマスの残り香も感じさせることなく、今年も残すところあとわずか。仕事も納め、大掃除も済み、まったりしているという方も多いのではないだろうか。

紅白、ゆく年くる年、除夜の鐘、初詣などなど大晦日と元旦は多様な番組やイベントに溢れているが、皆さんの予定はいかがだろうか?

携帯が普及して以降、『あけおメール』が一般化し、年越しから数分の間に、着信音やバイブが響く、といった景色が普通になり、それにあわせて年越し直後は携帯による連絡が繋がりにくいというのが、もはや普通だ。

それを見越して、年を越す前から前倒しで『あけおメール』を送るような人も、今では珍しくない。